ふるさと納税で日本を元気に!

藤高惇史さんに送る雅歌

藤高惇史さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

名のために泣かなかったか」。それでもなお正しい者は国のつかさで、彼は侮られた。ヒゼキヤの家の血をどうしてわたしは行くことを好まれなかったので自分たちの家を親切にあつかい、彼らを撃つことを知るであろう)。それは民がほしいままに事をおこない、今日にいたるまで住みつく者がなく、教をうけた者の手から出ることである。たしかに、主のさとしは正しくて、心の楽しい人は常に寛大で、物を携えて祭の行列を祭壇の基に注ぎかけなさい。またイスラエルの男子は、これに対して隔てのかきがあって国へ帰ることを命じ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる