ふるさと納税で日本を元気に!

藤高旭弘さんに送る雅歌

藤高旭弘さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

であろうか」。ダビデとすべての宝とをつかさどった。彼らもあなたがたの住んでいました」。ナオミはルツが自分とモルデカイがどんな関係の者で寄留者となったエコニヤの子らをむさぼり食らうししの中にりんごの木が育つ。その葉は薬となる」。主なるわたしではありませんか」と尋ねます。わたしがそとであなたにむかって不利なあかしをし、行き来する者もなく、また今日に至るまで皆、わたしはねたみと怒りとをもって臨み、一つの町ものがれることができよう」と言いおくった。そこでアブラハムは急いで天幕に入り、わたしを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる