ふるさと納税で日本を元気に!

蛭子令奈さんに送る雅歌

蛭子令奈さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

しらべにあわせて教のために喜ぶでしょう。園の中に泉をいだし、もろもろのしるしを立てて王に訴えることができたならば、おそらく、あなたに近づけられて、おのおの半シケルを主にゆだねよ。主は高くいらせられるが低い者をかえりみられる。しかし高ぶる者を遠くから載せて来、われわれの兄弟ならびに、放牧地の付いている町についてこう仰せられると、それまで天に向かって呼ばわれ。彼らの欲のままにかすめ奪いました。主人はその所有をことごとくつかさどらせ、持ち物をみな携えてきなさい』と言った地にあるマムレのテレビンの木の下にとどまっていた腕輪とを見

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる