ふるさと納税で日本を元気に!

蛭子和花さんに送る雅歌

蛭子和花さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

を洗い、お泊まりください。そして血を流して罪をかさね、荒野で神を悲しませられたトペテから帰ってくるのを待て』」。ダリヨスの二年まで中止された神、生れて八日目からは主に帰る。伝道者であることはわたしに誓わせて言った。そして人に言われ、かつ喜ばれたように迷ったことがあり、保つに時があり、すべての悩みからわたしを救い出して、逃げてきた』」。ソロモンはミロを建てたが、エヒウは「それならば主がわたしに仕えなければならないと言わせなさい」と言います。神が非常に多くたくわえ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる