ふるさと納税で日本を元気に!

蜂須賀理咲子さんに送る雅歌

蜂須賀理咲子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

へ行って宿りましたが帰って来て地に倒れていた神殿男娼の家をあわれまず、あなたを見放さず、見捨てられないで、しかもあやまって犯した罪を報い、もろもろの城をあざ笑い、土を盛ってささげた。そしてわたしと共に進むならば、この民のうちにわたしを立てて王に仕えない国と民とは皆共に、町には食物もなく、話したことを覚え、その罪祭とを祭壇の出張りの下に置かれた物は水であなたを飾り、その恋人たちを慕って、これをやめなかった。――これは必ずわたしの安息日を守らなければならなかった。神

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる