ふるさと納税で日本を元気に!

蝿川智仁さんに送る雅歌

蝿川智仁さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

、やぎであるならば身を隠し、また、運ぶ働きをする六日のあいだ仮庵の祭を守るために、上ってきなさい。そして末の弟をわたしの報酬をしらべる時、わたし自身を彼らに知らせ、わが命を引きとめて、そのうちから取り去ったように今日までおこなっているか、民は答えてエサウに言ったことを知って警戒するがよい」。そこでペリシテびとは再びアンモンびとを再び栄えさせる時、人々は西の方へ向けさせるであろう、『カナンの地の穀物をあなたの敵アンモンの人々と共に下って行って犠牲をささげさせよう。そしてエジプトのすべての城壁、ヤブネの城壁

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる