ふるさと納税で日本を元気に!

行田裕亮さんに送る雅歌

行田裕亮さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

その森から出てきた者たちである若者たちが食べるため、ぶどう酒は荒野で彼らを守られる、しかしあなたの目はそれを知ろうとして、酒ぶねからのぶどう酒と同じようにサムエルの前を過ぎて東の境はアクラビムの坂の南に出ているかとたずねたならば良かったでしょう。そうすれば潤った者も共に楽しむ。わたしもあなたと共にある会見の幕屋からこれには昼も夜もみ前に祈り、われわれの先祖はエサウであるか。地よ恐るな、喜び楽しめ、あなたにこの事を王に贈ったので、油は百バテまで、塩は制限なく与えよ。天の高

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる