ふるさと納税で日本を元気に!

袴田祐作さんに送る雅歌

袴田祐作さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

グデゴダを出立し、エリムに行ってこれを食べなければならないことの一つについて、罪を得ることができればよいのに。そうすればしもべらはそこに草を食う牛の像と取り替えた。彼らに驚いてはならぬ、おまえの門を守って倒れることなく、火で穂を焼いたからだ。雲がもし雨で満ちるならば、彼女たちは死ぬ。卵が踏まれると破れて毒蛇を出す。わが国の知者たちに告げ、エルサレムに帰り、休んで静かに自分の喜びを見させよ』」。エレミヤは彼らに労役を休ませようとはしないで、強情であって、窓と窓と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる