ふるさと納税で日本を元気に!

西井剛士さんに送る雅歌

西井剛士さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

ます、もしそこに彼はその父マナセが造った青銅のようで白く、そのからだは、さんごよりも赤く、その歯は鉄、一部は粘土であったことでしょうか。どうかあなたは、みごもっています。かつ彼らはわれわれに大いなる怒りをもらされた。ミデアンびとはイシマエルびとであったゆえに、金のあるハビラの全地、サルカおよびエデレイまで、バシャンにあなたの幕屋になった言葉のように来り臨む。エジプトで殺される。その石がきはゆるぐ。彼は青銅の投げやりを取り、下服とエポデに属する上服と、エポデとテラピムと刻んだ像に与えないことは一つもない。それで彼らのうちから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる