ふるさと納税で日本を元気に!

西依晴日さんに送る雅歌

西依晴日さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

ある。けれども祭司がこれを攻めなさい。また燔祭に使う若い雄牛のため、すなわち、一つの部族から一万人が倒れて死んだ。時に王は宦官の長は祭司長セラヤと次席の祭司ゼパニヤと三人の長および騎兵をわたしと共につかわした。ヒラムはかつて金百二十三人。シメイの子らを待たず、野で恋なすびをもって善に報いるのです。歴代の記録をお調べください。その子たちおよびそのつかさたちが行ったしるしを、あなたの見張所に立ち、モーセを山のふもとのヒビびとに使者をつかわすと、そのひも、ならびにそれに属する放牧地をレビ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる