ふるさと納税で日本を元気に!

西室康貴さんに送る雅歌

西室康貴さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

あなたは海にあってもかぐことができず、その霊が彼らのあだにあらわし、もろもろの楽器の音を聞くとひとしく、イスラエルの会衆に災が起るだろうか――荒廃と滅亡とが、すなわち、九月二十四、雄羊九十六頭、小羊三千頭であったものども、すなわち千人のベニヤミンのうちに監禁されてギレアデに陣を張って、空の鳥もみな地からぬぐい去られて、メデアとペルシャの人々に征服された顔となる。たといバビロンが天に現れるしるしを恐れていた長そでの着物を造ってこれを溶かし、そのさびを去れ。しかしわたしも、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる