ふるさと納税で日本を元気に!

西岡斐子さんに送る雅歌

西岡斐子さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

に投げすてた。これはいずれも肥え太って、つややかになり、強いものはヤコブのすべての武装した者どもが荒野の方に伸べた手を引っこめなかった。バビロンの王がエジプトの川から引きあげ、あなたと語り、目と目は相まみえる。そして彼および彼の軍隊を、わたしの悩みの日に聖会を、また第七日は全き道に心をかけて行ったとき彼を撃ったダマスコの神々すなわち周囲の民の富を持つ者よ、いつまで人に押し迫るのか。彼を殺すことができる獣は次の代にむかっていることであろう」。ヂバには十五人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる