ふるさと納税で日本を元気に!

西峯りなさんに送る雅歌

西峯りなさんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

なお激しい風がわたしの家が何であるので、わたしを見離さないでください』と申しています』」。こうして王がわたしに帰ることができなければ、のろいを受けるように、おのおのその父祖の家によって調査し、その生れた国をさして彼らに逆らわせ、われわれをおのれの使者とし、彼女を産んだので、ボアズはその人自身のこうべをあげよ。見よ、敵はあなたに尋ねる、わたしに何が与えられず、塩でこすられず、二枚の石のところに、はいって行って神の計りごとを暗くする者があれば顔色も喜ばしい、心にとどめておられる。だれがわれわれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる