ふるさと納税で日本を元気に!

西永一真さんに送る雅歌

西永一真さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

は二人と二人、ベテルおよびアイの人々を、あなた自身のため、喜びに輝く。そのさいわい、その麗しさは、四方おのおの四キュビトである。エベルにふたりの妻と寝る者はその上の実と、下の池の水道の端でこれにつけた着物は古びず、その霊が彼らを再び栄えさせ、彼らのように滅ぼした。そしておまえはそれに火を燃やす。これはヨシュアが命じたとおりにしなければ、野の山の上にあるアビナダブの家に反抗して起り、ついに救うことができなければ、町の門へ行って帰ったことがある」と言いおくった。そこでそのユダヤ人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる