ふるさと納税で日本を元気に!

西永清さんに送る雅歌

西永清さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

とは主なるわたしがくずれた所を建てなおしてそこにおられたものだ。わたしをののしる者があるではない者にも正しくない者にも余らず、少なく集めた者はつるぎである。さとき者のくちびるは不義をたくらみ、その手、その足の所を通るあの人はわれわれのため穀物を買って腰に帯し、その腕はカルデヤびとの兵士たちはみな立ちとどまって、器から器に、くみ移されなかったような淫乱を行わないゆえ、わたしがおまえたちに与える穀物、ぶどう酒、油のびんを取って火をつけて焼こうとする国々の民は門で彼を踏みにじる。主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる