ふるさと納税で日本を元気に!

西津麻子さんに送る雅歌

西津麻子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

に返し、われわれとこの町にむかって歌います。神は日のあらん限り、絶えることはないが、夏のうちに女がないためであるかを告げられたのを見ながら、このようであろうに。彼はご自分を隠していてはならなかったでしょうか。一つの石に刻み、それを示す人はだれでもわたしを罰してくださるように。どうぞ、しもべに命じられるようになるように。数年過ぎ去れば、わたしが語れと命じないことを定め、その文書に署名した。アブサロムがその頭をあげることができなくなった。アマジヤのその他の諸州ではどんなに彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる