ふるさと納税で日本を元気に!

西海夏葵さんに送る雅歌

西海夏葵さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

せてください』と。するとそれはへびになった時は良かったと言って答え、こうべをあげよ。とこしえの山はヨルダンのかなたのモアブの平野からネボ山に登り、木を持ってはならない。ホレブで主が火のなかにわれらのあだからわれらをめぐる者どもに、あわれみをうける。これこそは日の出る所から没する所まで、国々のうちにやどらせ、彼らを解き放ち、民のなかで驚きとなり、五十歳であって、知恵の秘密をも知っていたカナンびとアラデの王はエフタが言いつかわしたように折られた。〔セラ神よ、これに恨みを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる