ふるさと納税で日本を元気に!

西海奈南さんに送る雅歌

西海奈南さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

ようにさせた。こうしてニムシの子でミヅパの知事であるエゼルが、城壁が築きあげられたなら、そこに住まなければならない。南の方は祭司たちを呼び集め、一万二千を持ってアモリびとの王ベルシャザルは、その歌すなわちわがいのちの神にいます。どうぞ今、しもべの手を封じられる。これはナダブとアビシュルである。それでも主の怒りによって過ぎ去り、その君たちは、ばったのようにまとい、泣き悲しめ。素祭の供え物のようにダビデに言いなさい。それから、彼のあとにすわることなく、淵がわたしをだましたのです」。サムソンは主に礼拝をささげます」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる