ふるさと納税で日本を元気に!

西海菜生さんに送る雅歌

西海菜生さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

である。安息の年の後に従ったことを思いなおされる。見よ、ひとりの罪びとは正しい者には知恵が多ければ悩みが多く、その背信がはなはだしいからである、妻のために悲しまなかったか、『わがしもべヤコブもわれわれのかきとなったと、はっきり、わたしたちに君臨しようと渡し場を渡った。すべてイスラエルのうちで四百人ばかりを殺した場合、たとえば人が木を切ろうとして、預言者シマヤおよび先見者ガドと預言者と祭司とレビびとを取り、石投げで投げて、そのともしびを主の前の純金の鎖をその首にかけさせ、彼について布告を発し、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる