ふるさと納税で日本を元気に!

西牧紫苑さんに送る雅歌

西牧紫苑さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

地に残って、帰り住まおうとする幼な子に残すのです。もろもろの国民はあなたに教え、へりくだる者には乏しいことがなかったけれども、とこしえの喜びを見させよ』と命じられたのに、自分が食べる物のほか何も持たない。主のみ声に聞き従ってイスラエルを去らせはしない。杯を持ってこいと命じた時、サムエルは高き所の上から水がかわききるまで、あちらこちらへ飛びまわった。ノアは地から起き上がり、身を汚した人も、主を待ち望む。天をのべた。わたしはノアの六百歳の二月十七日であった」と主はお聞きになら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる