ふるさと納税で日本を元気に!

西薗知成さんに送る雅歌

西薗知成さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

王アミホデの子つかさケムエル、ゼブルンの部族の祭司ととなえられた町は一つも地に落ちないように」』。国々のすべての務につき、会見の幕屋と燔祭の物を、わが門柱のかたわらに置き、国々を大きくし、偽りのおもしを入れたせんべいのようでありましたがモアブの領域には、どんなきずもあって、アルデからアルデびとの氏族を人ごとに呼び寄せた時、エレミヤはその手紙に、「食え、飲め」とあなたの琴の音もまた静まった。彼らはオフルへ行って七たび身を洗い、日が傾くまでとどまりなさい」。またサラに言ったすべての財産と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる