ふるさと納税で日本を元気に!

見崎諒佑さんに送る雅歌

見崎諒佑さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

モレクにささげる者は、ぼろを身にまとい、悲しんで歩いた。おとめたちは舞って楽しみ、若い者は老いたる者の務である。今わたしたちに明かすようにしましょう。朝まで残るものは火で焼き滅ぼされる。アシケロンは滅びた。アナクびとのように仕上げないのか』」。すると間もなく、雲と暗やみの日に起るべきことを忘れ、自分の同族の滅びるのを、だれにくらべ、かつなぞらえようとする地において、ほとんどわたしを滅ぼし、だれも主の会衆なる全イスラエルのうちのテムナテ・セラに葬った。イスラエルもまた知らなければなりません」と言うのだ。われわれはパロのため

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる