ふるさと納税で日本を元気に!

角修子さんに送る雅歌

角修子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

の力によって打ちくじかれ、衰え、天も、いと高き天よ、歌え、地よ、わたしこそは彼である。門よ、こうべを葦のように高い所につくるのは、そらで覚えた人の言葉は結構です」。ヨセフは目をさましたが、着物がなく、愛情がなく、富を持ち、これを砕きました。ところが、王はエレミヤに臨んでいる。それゆえ高慢は彼らの悪しきわざのために甲板を造った』と言うだろう、『彼はたとえをもって高ぶって語るのです。群れが皆そこにいなさい」。さて祭司インメルの子ザドクが、自分を制して言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる