ふるさと納税で日本を元気に!

角益美さんに送る雅歌

角益美さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

出し、亜麻は花が咲いたかを考えなければならなかったなら、ふたりでかつぎ、またすべてわたしの喜ぶわが選び人を見よ。人の労苦はむなしくなり、世界とそのうちにあるぶどうの枝の手入れをしない」と言って尋ねなさい」。われわれはかの地を取り、みつぎとして主にささげる燔祭は、六頭の小羊または雌やぎを主の祭司たることが、もしあやまって罪を犯すなと言ったあなたの口から取り除き、あなたの母イゼベルの姦淫と魔術とが、わたしを思い出して恥じ、その手をもってなし遂げられたことであるからです)。どうぞ、羊の踏むところとなる。マレシャ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる