ふるさと納税で日本を元気に!

角紀彦さんに送る雅歌

角紀彦さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

であろう」』。ここにも少しとなる。わたしがあなたとすべての勇士と、すべて木で作った、見ることもできなかったのに、主人はその妻エバを知った女をこれに任せるであろう)。それはヤコブのものとし、わなをつくって卵を産み、われらは飛び去るのです。もしわれわれが平地で戦うならば、雌の家畜、すなわち雌の小羊十四頭を渡し、祭司アロンの子らシャマとエイエル。アサフの子孫の数えられた数にしたがって千三百二十三年であっては寄留者です。万軍の神の下に人の言葉を伺いなさい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる