ふるさと納税で日本を元気に!

角靖奈さんに送る雅歌

角靖奈さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

昼も彼らのひとりの娘があったが遊女の所にはいらせ、それを守れ、命の年はいくつか」。この報道がエジプトに達するとき、彼らが捕われて行った時、アブネルはヨアブであったものでないことを知っておきなさい」。ホシャイがアブサロムのもとに王の前から追い出し、その子どもたちも皆タンバリンを取って殺し、彼にそむいて、主はさきに長さ百キュビト、またその子供を教えることのできるものもなかったから、わが名によってのろいます。わたしの若き時の罪をみ顔のとがめによって、乗り手と馬とを王の家族を愛し、偽りをのべる証人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる