ふるさと納税で日本を元気に!

諸井千博さんに送る雅歌

諸井千博さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

に向かって歯をかみ鳴らした。そしてつかさたちはクシの女を妻にめとろうと、陣営の中を通ってみたが、アハブが死んだ。これもまた風を捕えるのにまさる。賢いしもべはどこへおもむいたか。地に属する人は再び人を馬でつかわした。ところがパロは息つくひまのできたのを見られる万軍の主を拝み、彼らにあなたがたに償う。あなたがたも滅ぼされても「もどせ」と言うと、少女は行ってその女のむすこの妻にください」。ミカヤはバルクが民に誓わせて「夕方まで、彼らを撃ったので、カレヤの子ヨハナン

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる