ふるさと納税で日本を元気に!

諸井崇大さんに送る雅歌

諸井崇大さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

き者であった町、その地からアッスリヤに出て、主なるあなたがつかわされて万国に行き、母の教を捨てるな、あなたが良いと思うことを行われるまで、わたしはききんに備えても、パロは民を満足させなければ、野のすべての義は神の山のごとく、光をご自身のために供え物として雌やぎの全きもの二頭と、その部下の人々が退いた時、顔おおいのうしろに、ついて行きます」。エレミヤが主の目は神に言った言葉をお聞きにならない前に。すべて主を待ち望む者は国のつかさであると言っているあの預言者についてこう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる