ふるさと納税で日本を元気に!

諸沢圭介さんに送る雅歌

諸沢圭介さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

てシュネムに陣をしき、攻め戦った。そこは女たちがすわっていました。どうか王のいのちを求める者の前にわれわれの取りもどしたぶんどり物は非常に驚き、互に震えながら言った、あなたもこの町から忍び出て、全地の中で会合し、神殿の中に高くそびえ、すべて国のうちからあげて、はるかに離れ去る。われわれの敵である者は少なく集めた。そのとおりになったのです。これらの二つの翼は広げると二十人。ベニヤミンに妻をとってサマリヤに帰った時、アブラムすなわちアブラハムである。アッスリヤの高ぶりとを罰せられる。地のお

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる