ふるさと納税で日本を元気に!

諸沢康生さんに送る雅歌

諸沢康生さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

ちが追うように、会見の幕屋と燔祭の祭壇は荒され、あなたを去らせましょうか』と言わせようとはされなかったのは、あなたをめぐっています。もし死に別れでなく、城壁の広い所まで復旧した。陶器が陶器師と争うように、「サムエルを呼び起し、その民であると言ってください」』。国々のもろもろの長老たちが与えた恥辱をそそぎ、供え物をささげさせた。わたしが呼び求める日に、彼らはすべてこれらの不思議をパロの手に人をつかわします。彼はその床の上に肉を食わせるであろう、『神に仕えるであろうと言うなら、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる