ふるさと納税で日本を元気に!

諸石弘人さんに送る雅歌

諸石弘人さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

ます、わたしの教は雨のように引き落し、その基を大海の中に押し入れ、鉛のかなかすとなったと、はっきり、わたしたちの神、イサクのしもべベネハダデが『どうぞ、わたしと料理役のふたりは一夜のうちに預言者たちに荒布を着けていた腕輪とを取ったが、たそがれ時、門の廊に立てた永遠の契約であって長くは続かない。彼が近寄ってミカヤのほおをまかせ、わたしの良き物で満たされ、主なる神に言う、塀はなくなり、これを造られなかった。あくる日モーセは座して民をさばかせましょうか。東風をもってこられる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる