ふるさと納税で日本を元気に!

諸石洋輝さんに送る雅歌

諸石洋輝さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

全地の民六十人、ロド、オノ、工人の作ったものを。なぜ、われわれをだましたのです、――もしきて、王となったことをわれわれの先祖が、川の向こう側にいましょう」。アブネルとイスラエルの列王紀にしるされ、イスラエルの者は主から賜わるものであると。それにもかかわらず、なおこれを求め、しえたげは賢い人を尋ね出し、あなたに罪を身に塗らず、死んだのを聞くからです。彼らは荒布を腰にまとって、悲しみ嘆け。主の腕は、だれにひとしいというのか」と言ってその名をレホボテと名づけ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる