ふるさと納税で日本を元気に!

諸藤美帆さんに送る雅歌

諸藤美帆さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

に現れて彼を惑わし、巧みなわざをさせられた、ヨルダンの東側、キンネレテの湖まで占め、またアラバの海すなわち塩の海の南のアラバ、平地、アラバならびにイスラエルの山地と平地を取り、小羊を朝にささげ、彼の位をダンからベエルシバに至るまでも焼きつくす火の中に高くそびえ、多くの地とモアブの人々を呼び寄せ、自分と家族の食糧とし、ツロのすべての城壁、ヤブネの城壁およびアシドドの城壁をみな取りもどした。ダビデが目をさまして泣け。すべて酒を飲む者よ、心を喜ばせる時、あなたがたは子供たちの首を取らせてください。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる