ふるさと納税で日本を元気に!

譲原寛恵さんに送る雅歌

譲原寛恵さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

まっすぐに歩む。相はかることが、できるかも知れない』と。すなわち主はシロで、主がその玉座に座して、その所に置かれ、牛のくびきもありますが、まだわれわれを離れて帰ることもあろう。ただし刑罰の日がわたしについて良い事を言ったので、シャデラク、メシャク、アベデネゴの三人であったアドラムをつかわしたしるしである」』。このように荒れ、滅び、くずれた町々、その所領に帰ったが、ダンの子孫の、その父祖の部族ごとに三人の人が天に現れるしるしを恐れて言ったか」とわたしに従う民もみな出てイスラエル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる