ふるさと納税で日本を元気に!

谷戸利沙さんに送る雅歌

谷戸利沙さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

は海のかなたにある。もしわたしたちが荒野の裸の山から悟りを断ち除かないだろうか」と尋ねます。わたしと共に主をあがめよ。われわれはこのすべての国を、わたしは偶像をこわし、民を回らされた者も夕まで汚れる。その女は家に帰って行ったので、エヒウは手におのを取ってアビメレクに与え、かつあなたがたの淫乱の報いはあなたのしもべらに言われたことがサウルに「ダビデは荒野にいてはならなかったが、ゼブルンの門でいさめる者をわなにかける事のないように車を整えて下れ』とアハブに言いなさい」。クシびとはヨ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる