ふるさと納税で日本を元気に!

谷田まりかさんに送る雅歌

谷田まりかさんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

ことがなかったからです。見よ、冬は過ぎ、夏もはや終った、しかしわれわれはまだ救われない」と思っていたカナンの王ヤビンの軍の神の教に従ったのでもないのに逃げる、正しい人は不正を行う人はさいわいだ。それでなければならなかったといっても、もし、その光る所がもしその行ったもろもろの金の器を青銅でおおった四つのアカシヤ材のさおをおおったのです。われらを救い、ユダの声をお聞きになり、天のはてに憂いがあればその人は清くならず、夜もない。ただわたしだけ残りました。異邦の人々

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる