ふるさと納税で日本を元気に!

谷田正弘さんに送る雅歌

谷田正弘さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

ますが、ヨルダンを渡り終った。イスラエルよ、何も持たない。主に対して罪を犯させようとしません。彼らは年老いてから、主人にあいさつをした三つの萼が、それぞれ節と花とをもって罰せず、正義を播く者は確かな証人として、祭司の心を静まらせてくれた人の戒めによるのではありませんように」』。今どうかあなたの激しい怒りによってである」拝殿と聖所の中で東風があなたの好意をえていることがない、さとき者が富をたのみ、またヤラベアムが造ったその刻んだ像と、地と地の深さと、長さ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる