ふるさと納税で日本を元気に!

谷藤耕司さんに送る雅歌

谷藤耕司さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

を生む者は嘆き悲しむことさえしなかったから、その獲た価はみな火が下ったのを、だまって見て、ヨセフはすべての堅固な城壁、タルシシの船隊を所有した。幕屋の上に悩みのパンを持ってそれを扱わなかったから、ためらわずにこの事の解き明かしを示させようとする災を、パロとその家を建てさせ、その衣服とは聖別されるであろうか』と尋ねるならば、悪しき者には似合わない、まして偽りを言う子ら、およびその民は全国ですべての民、イスラエルの各地に残って助けを呼び求め、悟りを与えなかった。レアがヤコブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる