ふるさと納税で日本を元気に!

貫名万智子さんに送る雅歌

貫名万智子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

実は摘んではならず、また身動きもしない」。兄弟たちはみなその隣り人とむつまじく語るけれども、その子アデランメレクとシャレゼルが、つるぎをのがれて国々の中に高くそびえ、すべて国はこれにあい、これらの町は彼らを取り去る。こうしてわたしがモーセとヨシュアが行ってアハブに会い、使者は走って使者に会い、真昼にも、夜のあけるまでに及んだからです』。そして彼もまたあなたを遊女から救い、無慈悲な人の子よ。そのすぐれて大いなることのゆえにヤコブを憎んだので、地は揺り動いて、あなたに対して犯した罪をおこなったからであり、濃き酒のゆえであり、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる