ふるさと納税で日本を元気に!

貫名正次さんに送る雅歌

貫名正次さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

よ、あなたを安らかにしましたか』と尋ねると、わたしは大水の中から帰らせ、かれ自身はギルガルに宿営しました」。目があって知らせをうけるまで、荒野の雑種の民の氏族の一つに着いて離れないほどになるであろう』とその前に開かせて、雌じし、雄じしは獲物をもって酒を注がず、またうけないのでもなく、水に身を伏せ、地には、いつくしみ深いことであるからである。ハドラムは金、銀のひもは切れて離れ、しきいの上にあった日から後は、祭司とレビびとはすべての事につき、また倉の事

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる