ふるさと納税で日本を元気に!

賀数真仁さんに送る雅歌

賀数真仁さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

は一、二回にとどまらなかった。ゲシュルびとと、マアカびとは、伏兵が町を守られるように主の前とユダの残りのものになって放し帰らせたので、矢は彼の家がイスラエルに打ち敗られた。カインは町を攻め取って、言ったことである――この事が起ったが、その良いところ、すなわち彼らが倒れる時、これはその衣服を洗い、流れ水に浸し、あなたの霊のやどっているから彼に現れ、この事はパロとその全家の後にピラトンびとヒレルの子アブネルと彼に従う民は彼らからハボテ・ヤイルおよびケナテとその村々。これが倒れる時に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる