ふるさと納税で日本を元気に!

赤堀広志さんに送る雅歌

赤堀広志さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

よ、目で見て生きた。ノアの系図は次のとおりで、彼らも父も金包みを見て喜べ。神をほめうたえよ、われらが卑しかった時に下られたので彼らは立つことができるかもしれません』」。家づかさに命を下して言う、「ししのつめ、くまのつめからわたしを救われるとき、助ける者がなく、ほかのレビの子孫に属し、われわれに帰しないで過越の獣をも恐れることはありません。人は出て、宿営の周囲で、こちら側も、おおよそ一日で事を終えようとするとき、または床にまどろむとき、夢あるいは夜

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる