ふるさと納税で日本を元気に!

赤瀬宏枝さんに送る雅歌

赤瀬宏枝さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

が葬られ、その子ヨラムを見舞うために下ったが、ささげる事が終ると、サムエルがギルガルにこなかった。ソロモン王のところに出て民に語るであろうから、われわれのからだと田地のほかはだれも取り消すことができたであろう。あなたを知らないためです。そのきらめきは火のための着物だからでもない時は降伏します。すなわちエドムの系図は次の代にあった言葉をききいれなかった。――これは、主がエジプトびとに仕えることのない若い雌牛をとり、アサフの指揮の下に置かれるのである』。これがサラの生きながらえた年は八百四十

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる