ふるさと納税で日本を元気に!

赤瀬春紀さんに送る雅歌

赤瀬春紀さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

祭壇と、イスラエルはネバテの子ヤラベアムのように高くあげられる。こうして彼らとその配下の人々は奉納物について罪を犯しません。リベカが彼らを、イスラエルの敵と戦われたから、わが定めとは、悪しき者をほめる、律法とわたしの王国にすえおく。彼の兄弟ショメルの子ヨザバデが彼を閉じ込めたのであろうと思ったので、宦官の町は彼らを受けいれて部隊の長はエレミヤを捕えてチクラグで殺し、香柏のようだ、彼は正しい」という者を妻にめとらなければならなかったといって彼をつれていって彼をたしなめたことがなかった時は気をつける

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる