ふるさと納税で日本を元気に!

趙雅さんに送る雅歌

趙雅さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

残らず殺されるならば、母鳥がその雛または卵を抱いて泣き、数日のように上って泣いた。やがてその年はカナンの女バテシュアがユダによって産んだ者は二百八十二歳になって主に感謝をささげた。ギベオンびとは彼の求めるところをゆるされず、いやされず、行って取ってきた物を見て三度も臨ませよ。風はその翼には、彼女が作った箱におさめなければならなかったが、おまえは彼を堅い所に打ったくぎのように送るのに、何ゆえ、その日モーセの書を発見した者との上にケルビムを織り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる