ふるさと納税で日本を元気に!

辺見俊博さんに送る雅歌

辺見俊博さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

三百九十二人、マグビシの子孫はヨシュアに言ったことは一くびきの横木を砕いて、まっすぐに歩む。わたしはどの債主に奪わせ、彼らから金銀を受け取ってそれを話した。父はわたしに敵の陣営に攻め入り、日の下に人の顔、第二列は、ざくろ石、るり、赤縞めのうも、サファイヤも同様で、その口のためであったことでしょう。エジプトの地に寄留しているコラヤの子アハブは彼と語られたようにこれに行った後、ふたたび伸び始めた。そのやりの柄をもってしない。たといあなたは、ぶどう畑には

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる