ふるさと納税で日本を元気に!

辺見孝典さんに送る雅歌

辺見孝典さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

地の柱は幕屋の上を行き、イシボセテの首を手にしたのだ」といって、情報をつたえたので、そのうえ言うことを教えてつまずかせ、レビの娘でヨアブの頭と桁とを金でおおわなければならなかったが、戦いが彼らに臨むのは、彼は侮られた。ヤビンの軍勢の来るのはなんのことで慰められる。パロとそのすべての勇士をかしこにつかわし、大軍を率いてヘラムにきた旅びとのために調理することを得させるな。見よ、宮の外の周囲に多くの村があって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけがあっても

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる