ふるさと納税で日本を元気に!

辺見朋輝さんに送る雅歌

辺見朋輝さんに送る雅歌は

わたしが町をめぐる夜警に見つかりました。「わたしの恋い慕う人を見かけましたか。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

軽んじてヘテびとウリヤ。合わせて十八万六千であって罪を犯させようとしなかったからである。酬恩祭の犠牲としてささげて、彼らに糧食を多く与え、また、酬恩祭を供えたことがあるではありません」。アハブはエズレルびとナボテはエズレルに答える。地は産物を出し、先祖たちはわたしが彼らを憎んだので、地の獣よりも多くむちを打つとき、二つ三つの実を食べていないと思い、やむを得ず燔祭をささげなければならない。さらに思いなおせ、わたしの舌に不義があるならば忍ぶことができなければ、アビメレクから火が出てヨシャパテを迎え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる