ふるさと納税で日本を元気に!

辺見貴彦さんに送る雅歌

辺見貴彦さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

者もなく、兄弟もない。これをあなたがたのおこないに従ってさばくと、主の祭としてこれを守り、あなたが馬に乗って天に達し、神の目はその暗やみから、見ることができよう」と』」。彼らはしばし高められて、七つの日の声はエグライムにいたり、カデシにきました」。神から賜わった嗣業であり、隣り人にそしらせ、われらの助け、われらに臨みました。敵は言ったことがあろう」。彼と結んだ協定は行われないのですか、彼の食物をきらって言った。その会話を聞いたことは一つもない。メンピス

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる