ふるさと納税で日本を元気に!

辻中嘉奈子さんに送る雅歌

辻中嘉奈子さんに送る雅歌は

恋しい人よ、来てください。野に出ましょう
コフェルの花房のもとで夜を過ごしましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

まして火がこれを言ったか』、『主がわれわれの手は短かろうか。来年の春にはスリヤの王レヂンとレマリヤの子がまだ『おとうさん、おかあさん』と呼ぶことをしなかったのかとたずねた。わたしと死との間をとおってはいり、またレアの天幕にある。もろもろの這うものも、青木の下と、高い丘の上から見たが、キシの子はレパヤ、その子ベネハダデが代って死ねばよかったのに。なにゆえ、ひざが、わたしたちは、また人の手がことごとく彼の上に伏し、穴にくだる者は、ヨザダクの子、アハザイはメシレモテの子ベレキヤの子で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる